予防歯科

Preventive Dentistry

予防歯科の重要性について

予防歯科の重要性について

今までは、むし歯や歯周病で歯が痛くなってから、歯医者さんに行き治療を行うという流れが多かったと思います。しかしそれでは、だんだんと大切な歯を失うことになってしまいます。虫歯部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めてを繰り返してしまうと、最終的にはどうなってしまうかご理解いただけると思います。これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、いかに健康な状態を長く維持する事ができるかが重要なことだと考えられています。それが「予防歯科」という考えです。

定期検診のすすめ

定期検診のすすめ

歯は、一度失ったら二度と再生することはありません。歯周病になって痩せてしまった歯ぐきや骨も、元に戻すことは不可能です。そうならないためには、定期的に歯科検診を受診することが重要です。6カ月に1回程度、歯のメンテナンスを行う習慣をつければ、虫歯や歯周病の進行を止めることも可能になります。当院では、検診時にプラークコントロールをチェックして、その人に合った歯のみがき方を指導させていただきます。

定期検診のすすめ
歯周病とはこんな病気です

歯周病とはこんな病気です

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染することで歯ぐき(歯肉)が腫れたり、出血などで疲弊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。初期の段階では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いのですが、日本人が歯を失ってしまう最も大きな原因が歯周病なのです。実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計もあります。

歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病とは、歯ぐきから出血するのが初期症状で、放っておくと歯がグラついてくると同時に歯頸部に痛みを感じるようになり、悪化すると歯が抜け落ちてしまう症状をいいます。少し前までは歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていました。歯ぐきから出血した段階で歯科に来院する方は、デンタルIQ(歯の健康に対する意識)が高い方で、割合的にはごく少数だと思います。
しかしながら、歯が揺れ始め、痛みを感じるようになってから来院したのでは、すでに骨が溶け出していて手遅れというケースもあり得ます。骨が溶ける原因は、口の中にある細菌が歯周ポケットに定着して歯石化し、酸素が入らなくなることにあります。ですから、毎日の歯みがきと定期的な検診が歯周病の予防には非常に重要です。
思春期のお子さまの場合、ホルモンバランスが崩れることによって歯ぐきが腫れることもありますが、そのままにしておくと歯周病になる場合もありますので注意が必要です。また、歯ぐきが腫れている段階は、歯肉炎といいます。最近は、歯科に治療に見える方の半分以上が歯周病でお悩みの方です。

歯周病の治療

歯周病の治療とは、実際には歯石をとることに過ぎません。歯石をとることによって、歯周病を引き起こす菌が育ちにくい環境を作ること。それが歯周病の治療になるという考え方です。

歯周病の予防
PMTCとは?

PMTCとは?

けいびる歯科医院では、虫歯や歯周病予防の為、PMTCに力を入れております。PMTCとは、「プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」 の略で、直訳すると「歯科医院による機械的なお口の清掃」という意味になります。実際にPMTCを経験されると、歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。

PMTCで得られる効果

•口臭予防/口内の菌の減少により、口臭も軽減します。
•歯周病の改善/口内の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
•虫歯予防/口内の細菌を減少させてプラークの再付着を防ぎます。
•審美性の向上/着色を除去して、光沢のある歯の表面を回復します。
•歯質の強化/フッ素入りの研磨ペーストを用いることにより、歯の再石灰化を促進して歯質を強化します。

歯みがきの重要性

歯みがきの重要性

歯みがきは、口腔内を健康な状態に保つために非常に重要です。ところが、実際に歯みがきがキチンとできている方は5人にひとり程度です。当院では、歯科衛生士が検診時に患者さまの状態に応じて歯みがきの指導を行っています。歯の模型を使いながら歯ブラシの正しい使い方を指導するほか、実際に歯と歯の間に歯ブラシを入れてみて、みがけている感覚を養っていただきます。何を重視するかによって、歯ブラシを変える必要も出てくるかと思います。歯周病予防なら歯ぐきのマッサージ用に柔らかい歯ブラシ、歯垢を落としたい人は硬い歯ブラシがいいでしょう。
電動歯ブラシも効果はあるのですが、まずは自分の手でしっかりと歯をみがく感覚を身につけることが前提になります。電動歯ブラシを使用すると、何となく歯をみがけている気持ちになってしまいますから。
また、大人と子どもでも歯みがきのポイントが異なります。子どもの場合は、虫歯にならなにための予防として歯をみがくことが重要ですし、大人の場合は虫歯よりも歯周病の予防の意味合いが強くなります。

1日に何回歯を磨けばよいのか?

歯ブラシの硬さにもよりますが、理想をいえば、1日に3回、毎食後にみがくのがベストです。それが無理なら、うがいを頻繁にするだけでも充分に効果があります。食べ物のカスが口の中に残らないように洗い流すことも大事ですし、口腔内が乾燥すると汚れがつきやすくなります。若い方は比較的唾液の量が多いのですが、ご高齢の方は唾液の量が減少してくるので注意が必要です。うがい以外では歯間ブラシや糸ようじも有効です。ただ、自分に合ったサイズのものを使うことが重要なので、使用する際には当院にご相談ください。

1日に何回歯を磨けば良いのか
8020運動について

8020運動について

「8020」とは、80歳になっても自分の歯を20本以上残そうという運動のこと。歯が20本以上あれば、満足な食生活を送ることができるといわれていますが、現在、「8020」を達成できている方は、約40%だそうです。当院では、「8020」をより多くの方に達成していただけるよう、定期歯科検診を呼びかけています。興味をお持ちの方は、ぜひ当院にご相談ください。

院長 坂本 孝夫 けいびる歯科医院

院長 坂本 孝夫

Takao Sakamoto

虫歯になる前に定期的な予防歯科を受診することで、出来る限り多くの自分の歯で将来を過ごせる可能性を高めることができます。

院長 坂本 孝夫 けいびる歯科医院

院長 坂本 孝夫

Takao Sakamoto

虫歯になる前に定期的な予防歯科を受診することで、出来る限り多くの自分の歯で将来を過ごせる可能性を高めることができます。


多摩市 聖蹟桜ヶ丘 けいびる歯科医院

042-337-4388

〒206-0002 東京都多摩市一ノ宮3-1-3 桜ヶ丘Kビル6F
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 西口改札より徒歩約1分
車:専用駐車場【1台】他近隣に有料駐車場有り 自転車:駐輪可

一般歯科  小児歯科  インプラント  審美歯科  予防歯科  口腔外科


Copyright © 多摩市 聖蹟桜ヶ丘 けいびる歯科医院. All Rights Reserved 2016-2018