小児歯科

Pediatric dentistry

お子様の虫歯はあなたのお口から子供に感染している!

お子様の虫歯はあなたのお口から子供に感染している!

虫歯は、風邪やインフルエンザのように人から人に移る「感染症」だということをご存じですか? 生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因となる菌がいませんので、虫歯になりません。多くに場合、生後1歳7ヶ月から2歳7ヶ月の間にスキンシップを通じて周囲の大人から移るといわれています。

虫歯治療はなり始めが肝心です!

虫歯治療はなり始めが肝心です!

乳歯は虫歯になりやすく構造が永久歯に比べて薄いことが特徴です。 また、虫歯になった際の自覚症状もほとんど出ないため、気づいたときには神経の近くまで虫歯に侵されてしまうことも珍しくはありません。乳歯の虫歯を早期発見するために、お母さんが歯の表面をチェックしてあげましょう。表面が白っぽくなっていたり黒いシミができていたり、歯の溝が黄色くなっていたりした場合、虫歯になり始めている可能性があります。その時点で小児歯科に行くことができれば、大きな負担をかけずに治療が可能なのです。

虫歯治療はなり始めが肝心です!
虫歯から子供を守る3つの予防

虫歯から子供を守る3つの予防

正しい知識があれば、子供への感染時期を遅らせることが可能です。
感染予防には、次の3つの方法が有効です。

①フッ素を用いた予防法!

①フッ素を用いた予防法!

当院では、フッ素(フッ化化合物)を用いた虫歯予防を実施しています。 このお薬を応用することによって、歯の質を強くし、虫歯の菌が作り出す酸に抵抗する強い歯にしていきます。また、年3回から4回の塗布を継続していくことで徐々に強い歯に育てていくことが大切です。
フッ素入りの歯磨剤の使用などを併用することで効果が高まります。
さらに、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。ただし、フッ素を塗布すれば、その後絶対に虫歯にならないということではありません。
虫歯予防でもっとも大事なのは、やはり自宅で毎日行う歯みがきやうがいなど、日々の基本的な歯垢清掃なのです。

①フッ素を用いた予防法!
②シーラント

②シーラント

「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

③歯磨き予防

③歯磨き予防

当院では、フッ素(フッ化化合物)を用いた虫歯予防を実施しています。このお薬を応用することによって、歯の質を強くし、虫歯の菌が作り出す酸に抵抗する強い歯にしていきます。
また、年3回から4回の塗布を継続していくことで徐々に強い歯に育てていくことが大切です。
フッ素入りの歯磨剤の使用などを併用することで効果が高まります。さらに、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。
ただし、フッ素を塗布すれば、その後絶対に虫歯にならないということではありません。虫歯予防でもっとも大事なのは、やはり自宅で毎日行う歯みがきやうがいなど、日々の基本的な歯垢清掃なのです。

③歯磨き予防

お子様の虫歯予防法

乳児期

まだ歯が生えていない時期には、舌に白いカスが溜まってしまうことがあります。
気づいたら、湿らせた布やガーゼを使って拭き取ってあげましょう。

生後7〜8ヶ月

生後半年を超えると、赤ちゃんには小さな前歯が生え始めます。
この時点でも、歯の汚れに気づいたら湿らせた布などで拭き取ってあげましょう。

生後1年

生後1年を過ぎてからは、お母さんが歯ブラシを使ってケアしてあげましょう。

3歳から

3歳を過ぎたあたりから、お子様自身に歯磨きの仕方を教えて自分で磨かせるようにしましょう。
もちろん、すぐにしっかり磨けるようにはなりませんので、最後にお母さんのチェックが必要です。

5歳から

5歳くらいから、毎食後に自分で歯磨きをする習慣をつけさせましょう。朝・昼・晩の3回磨かせて、
お母さんは仕上げ磨きを行うとともに、磨き残しのチェックをします。

6歳から

6歳くらいになると、奥歯に「六歳臼歯」という大きな歯が生えてきます。この歯は溝が深く、
食べカスも溜まりやすいためチェックも念入りにしてあげましょう。

正しい対策をすれば、子供の歯を守ることができます。また、それが一生の財産へとつながっていきます。
子供の歯が生え揃う2歳ごろには歯科医院で受診されることをお勧めします。

院長 坂本 孝夫 けいびる歯科医院

院長 坂本 孝夫

Takao Sakamoto

虫歯の原因となる菌への感染症を遅らせることで、将来虫歯の本数が少なくなるという報告データがあります。感染症である以上、対策が可能ですので正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることが大切です。

院長 坂本 孝夫 けいびる歯科医院

院長 坂本 孝夫

Takao Sakamoto

虫歯の原因となる菌への感染症を遅らせることで、将来虫歯の本数が少なくなるという報告データがあります。感染症である以上、対策が可能ですので正しい知識で子供を虫歯から守ってあげることが大切です。


多摩市 聖蹟桜ヶ丘 けいびる歯科医院

042-337-4388

〒206-0002 東京都多摩市一ノ宮3-1-3 桜ヶ丘Kビル6F
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 西口改札より徒歩約1分
車:専用駐車場【1台】他近隣に有料駐車場有り 自転車:駐輪可

一般歯科  小児歯科  インプラント  審美歯科  予防歯科  口腔外科


Copyright © 多摩市 聖蹟桜ヶ丘 けいびる歯科医院. All Rights Reserved 2016-2018