インプラント

IMPLANT

インプラントは入れ歯とは違う「第3の歯」あの頃のように食べられる喜びもう一度、実感してみませんか!?

インプラントは入れ歯とは違う「第3の歯」あの頃のように食べられる喜びもう一度、実感してみませんか!?

人間の歯は28本あります。来院されている方と話をしていると、「28本もあるのだから、1本ぐらい無くなっても大丈夫」という方が多いことに驚かされます。しかし、奥歯を1本失ってしまった場合だけでも、かむ力は本来と比べ大幅に低下してしまいます。ご存知でしたか? また、上の歯を失ってしまった場合、そのまま放置しておくと、失ってしまった歯の両脇の歯が倒れこんできます。下の歯を失ってしまった場合には、上の歯が下に落ち込んできますので早目の治療が必要になります。そのまま放っておいても大丈夫と思っていませんでしたか?このように歯を失った場合に関しての知識がまだまだ一般の方には浸透していません。

虫歯治療はなり始めが肝心です!

歯を失った場合の治療法には
「3つの選択肢」があります。

歯を失ってしまった場合は・・・
①インプラント
②ブリッジ
③入れ歯
上記の3つから選択することができます。

虫歯治療はなり始めが肝心です!
虫歯から子供を守る3つの予防

①インプラントとは

インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療で実現可能な最先端の治療方法であるといえます。
インプラント治療では、歯を失ったところに人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着することで、本来の機能近くまでかむ力を回復することが可能です。ブリッジや入れ歯と異なり周囲の歯に負担をかけることもなく、見た目にもほとんど自分の歯と区別がつきません。また、しっかりメンテナンスを継続することで10年経過後のインプラントの残存率は95%以上と、他の治療方法と比較しても圧倒的に成功率の高い治療法であり、インプラント治療が現在の歯科医療を大きく変えたといわれているほど画期的な治療方法であるといえます。
ただし、最先端の治療方法であるため、保険の適用範囲外の治療となります。

①フッ素を用いた予防法!

②ブリッジとは?

インプラント治療が普及する以前は、歯を失った場合の第一選択として考えられていたのが、ブリッジによる治療です。
ブリッジ治療では、失った歯の両隣の歯を削って、土台を作り、両端から橋渡しをするような形で失った歯を補うようにします。見た目には歯の本数が増えたように見えますが、実際には、失った歯の分を両端の歯で支えていますので、かむ力は本来の60%程度となります。
また、ブリッジの8年経過後の残存率は50%程度と低く、支えとなっている両端の土台となった歯に大きな負担がかかるため抜歯しなくてはいけないケースも多く存在します。
このリスクをしっかりと認識したうえで治療を選択することが大切です。

ブリッジは、装着する部位や、使用する材料に応じて、保険適用されるものと保険適用がされないものがあります。

 

①フッ素を用いた予防法!
②シーラント

③入れ歯とは?

入れ歯による治療は古くから行われている方法です。失った歯の本数に応じて、様々な形態の入れ歯が存在します。

入れ歯のかむ力は、30%程度と言われています。3つの治療方法の中では、一番安定感がないだけではなく、『入れ歯は歯を壊す装置』と言われるほど、入れ歯をひっかけている歯がその負担に耐えられずに抜歯しなくてはいけないケースが多いといえます。そのため、入れ歯は4年程度で50%以上の方が作り直している治療方法です。「家族と一緒に食事に行っても自分だけメニューを変えなくてはいけない」「旅行にいったときなどは、隅の方で隠れながら入れ歯を外している」など生活の質を落としてしまうのも入れ歯の欠点であるといえます。

しかし、保険外の入れ歯を選択して頂くことで、ピッタリと合った入れ歯を作成することが可能となり、「痛い、噛めない、はずれる」といった入れ歯の悩みを解消することが出来ますので、一概に入れ歯は良くないとも言い切れません。

入れ歯は、使用する材料に応じて、保険が適用されるものと保険適用がされないものを任意で選択することが可能です。

 

院長 坂本 孝夫 けいびる歯科医院

院長 坂本 孝夫

Takao Sakamoto

インプラントはいればとは違う「第3の歯」
インプラントは歯の根も回復させることができます。他の歯に負担をかけることなく、まるで自分の歯のようにしっかり噛めて、残っている歯も大切にすることが出来ます。

院長 坂本 孝夫 けいびる歯科医院

院長 坂本 孝夫

Takao Sakamoto

インプラントはいればとは違う「第3の歯」
インプラントは歯の根も回復させることができます。他の歯に負担をかけることなく、まるで自分の歯のようにしっかり噛めて、残っている歯も大切にすることが出来ます。


多摩市 聖蹟桜ヶ丘 けいびる歯科医院

042-337-4388

〒206-0002 東京都多摩市一ノ宮3-1-3 桜ヶ丘Kビル6F
京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 西口改札より徒歩約1分
車:専用駐車場【1台】他近隣に有料駐車場有り 自転車:駐輪可

一般歯科  小児歯科  インプラント  審美歯科  予防歯科  口腔外科


Copyright © 多摩市 聖蹟桜ヶ丘 けいびる歯科医院. All Rights Reserved 2016-2018